雄大な自然と南米の風、そして人の温かさを感じるフォルクローレライヴ

2017年10月17日(火曜日)

出演者

越田 太郎丸( guitar )

9歳からギターを始める。
大学時代より各種イベントに出演。
ボサノバユニット『Prismatica』のギタリストとしてCDデビューし、 ベスト盤を含む6枚のアルバムをリリース。 トニーニョ・オルタ、ジョアン・ボスコ、アントニオ・カルロス・ジョビンなどから、作曲、編曲、奏法 の 影響を受けブラジル音楽を軸に演奏活動を展開。
『Prismatica』のほか『Bossa do Mago』『森』などのバンドに参加し、作曲・編曲も手掛ける。
銀座スイング、六本木スイートベイジルなどでライブ活動を行っている。
これまでに、岩崎宏美、葉加瀬太郎、瀬木貴将、ウェイウェイウー、Yae、辛島美登里、中孝介など 様々なアーティストのコンサート、ライブ、レコーディングに参加。
客船「飛鳥」でのソロ演奏をきっかけに、都内ライブハウスでもソロ演奏を展開。 朗読とギターソロのコラボレーションなども行う。

瀬木 貴将( Zampoña & Quena )

966年東京都出身。 13歳の時サンポーニャ&ケーナを独学で始める。
18歳から南米ボリビアに渡り6枚のCDをリリース。1995年『VIENTO~風の道』で国内ソロデビュー。
その後2011年までに合計20枚(ベスト盤等含む)のCDをリリース。
ライブ活動は毎年国内外100本前後行い、ソロ活動はもちろん数多くのアーティストとコラボレーションしている。
チョーヤの梅酒、キリンビール、コーセー化粧品、ファイザー製薬、味の素など多くのTV-CMタイアップを始め、
TBS主催の『世界遺産・ナスカ展』『インカの都~シカン展』、そして2012年からは『インカ帝国展・マチュピチュ発見100年』の音楽も担当。
楽器の本場ボリビアでは、2009年リリースの『SAL Y AGUA』がボリビアのグラミー的存在『CICOMBOL大賞2010』の2部門からノミネートされ、
高い評価を受ける。
共演アーティストも数多く、ポルノグラフィティの『アゲハ蝶』への参加を始め、THE ALFEE、嵐、角松敏生、THE BOOM、槇原敬之、森山良子、
ゆず、南こうせつ、高橋洋子、渡辺香津美、村上ポンタ秀一、coba、押尾コータロー、寺井尚子らと共演。
創作活動は、1997年にアマゾン河をカヌーで5,000km下ったのを始め、ナミビアのエトーシャ国立公園など世界の秘境を訪れ、
主に大自然の中で行っている。野生動物保護団体JTEFの賛同者としても参加し、音楽を通じて野生動物保護の為に活動をしている。
http://www2j.biglobe.ne.jp/~segi/

ライブ詳細

ブラジル音楽を軸に、多岐に渡り活動される越田さん。
瀬木さんとのデュオでは、ボリビアの独特なリズムでギターを演奏されます。サンポーニャやケーナは「風の楽器」とも言われる音色の楽器。
瀬木さんの奏でる音は、ボリビアの広大な砂漠、雄大なアマゾンの河、豊かな自然を抱くアフリカのラグーン、そして月のうつくしい日本、ととらわれることの無い風のように自由です。地球が抱く自然のうつくしさ、そしてそこに生きる人の温かさに満ちた生演奏です。

開場/開演

開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。

ミュージックチャージ

¥3,000(+オーダー)
※U_U サポーター'sチケットご利用の方は¥2,500+オーダー。

席数

12席
ご予約いただいた方より優先してテーブル席をご用意致します。
※U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。

( Folclore )

問い合わせ & 予約申し込み先

Galleria Caffè U_U(ガレリア カフェ ユウ)
Tel/fax 03-3944-2356
Mail u_u_info@za2.so-net.ne.jp

東京都文京区小日向4-7-20 1F
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
3番出口を出て左折 徒歩2分。入口は階段を降りて右手の扉

Event Schedule