新メニューのお知らせ(日本酒&米麹甘酒)

慶応年間創業の蔵元直送日本酒&米麹甘酒

新メニューのお知らせです。
今回は日本酒と米麹甘酒のメニューを追加致します。

慶応年間創業。
昔ながらの伝統の味を守りながら時代にあった新しい味も作り出す、結城市の地酒「武勇」の蔵元・武勇さん。
昭和の一時期に、農業加工品である「日本酒」が工業製品のような造りが流行ったときでも、
「ちゃんとしたお酒を造ろう」
と、時流に流されることなく、常に酒質の向上に努めた酒造りを行っている蔵元です。その蔵元から直送にて取り寄せます、日本酒と米麹甘酒をメニューにオンリスト致します。

オンリストしますメニューの一つ目は「武勇 辛口純米酒」です。
「武勇」さんのゆるぎない自信作の純米酒。
骨太な味わいと芳醇な香り、キレと旨みが調和した純米酒らしいお酒です。

二つ目は「武勇 白麹純米生酒」。
通常、日本酒は黄麹が使用され、それで生まれるお酒の旨みは主にアミノ酸に由来します。
一方、この日本酒では白麹が使用されています。
それでできたお酒はクエン酸由来の甘酸っぱいジューシーな味わい。
良い意味で、日本酒のイメージを一新するお酒です。

三つ目は「米麹甘酒」です。

武勇米麹甘酒は、純米酒を仕込むのと同じように精米作業から造られます。
砂糖を一切使わずに米麹の酵素の作用により造り出される自然の甘さを活かした上品な味わいの甘酒です。
「甘酒は夏の季語」にもなっているように、江戸時代には、甘酒を夏バテ防止の栄養ドリンク剤として飲んでいたそうです。
甘酒はジャパニーズヨーグルトと言われるほど栄養素に富み、元気回復のビタミン、アミノ酸配合のまさに強力栄養ドリンク。

米麹で造られている甘酒ですので、ノンアルコール。

ですので、お子さまにも安心して飲んでいただけます。
「米麹甘酒」のヴァリエーションメニューとして、「クローブ・シナモン・オレンジピール」と一緒に湯煎して創る「ほっと甘酒」もメニューにオンリストしました。
栄養価の高い甘酒と、氣持ちをリラックスさせ身体を芯から温めるスパイスの効果を一挙に摂ることができるドリンクです。
寒い日はもちろん、胃が冷えた時にもお薦めのメニューです。