「不思議の国のアリス」から生まれたブラジルの音楽と食が一緒に味わえちゃうブラジル音楽ライヴです

2018年3月27日(火曜日)

出演者

TOYONO( brazilian vocal )

シンガーソングライター&ヴォーカリスト
天性の魅力をもつ歌声を生かしたサウンド、
ブラジルへの深いリスペクトから生まれる斬新で自由な楽曲たち…
刺激的で心地よい彼女の音楽は、まさにTOYONOならではのブラジルスタイル
 
OL時代に耳にしたブラジル音楽のポルトガル言葉の響きに、歌いたい、とシンプルに思ったのがきっかけで、 ボサノヴァやMPB、ショーロなどのブラジル音楽を熱心に聴くようになる。

 96年思いが高まり単身リオデジャネイロに渡る。ポルトガル語を習得しながら、
世界的パーカッショニスト、マルコス・スザーノに師事。

 帰国後99年伊藤ゴロー(g)とのアコースティックユニット"Espiritoエスピリト"で、オノ・セイゲンのプロデュースにより「serafim」(SAIDERA RECORDS)を発表。TOWER RECORDSが選ぶ99年名盤100選にも選ばれる。

その後01年「Litoral」でソロデビュー、ブラジルディスク大賞入賞、04年「ginga mais」発表(ともにFILE RECORDS)。
またハッピーオーラ溢れるキュートな歌声に内外から熱いラブコールを受け、須永辰緒、池田正典、 伊藤陽一郎などの話題DJ作品他、高内春彦、gira mundo、「everyone knows songs」(童謡コンピレーション)などの作品に ゲストヴォーカリストとして幅広く参加。

 07年8月矢井田瞳等を手掛けた片岡大志を総合プロデューサーに、斬新な発想と手腕でジャンルを超えて人気のギタリスト竹中俊二をサウンドプロデューサーに迎え、3rdアルバム「pelicano heavenペリカーノ・ヘヴン」をリリース。
(マルコス・スザーノ、塩谷哲、沼澤尚、中西俊博、saigenji、竹中俊二などが参加。)また同年、所ジョージのプロデュースアルバム「S.E.M.B」(avex trax)にヴォーカリストとして参加、所ジョージ・清水圭司会によるテレビ番組「世田谷ベース」に出演。


 08年リオ・デ・ジャネイロ録音にて初めてサウンドプロデュースを手掛けた「Dance Classic Bossa」(Grand Gallery)(compiled by 井出靖)がリリースされる。(マルコス・スザーノ、カチア・ベー、モスカ、TOYONO、ホドリゴ・マラニャオン、竹中俊二などが参加。)

09年新ユニット「tropico uniqueトロピコ・ユニーク」にて、TOYONO初のカヴァーアルバム「Luz do sol」をリリース。ビートルズ、バカラック、カエターノ、荒井由美までポルトガル語、英語、日本語とボーダレスにセレクトされ、
また「歌+ギター+オルガン+スティールパン」という世界に類を見ない楽器編成でのユニットも話題となっている。
(TOYONO vocal 竹中俊二guitar&sound produce 金子雄太org トニー・グッピーsteel-pan)

2010年10月に開催された「銀座インターナショナル・ジャズ・フェスティバル」に国内海外招聘12アーティストのうちの一組として出演を果たす。

10年12月自身5枚目となるアルバム「aquarelaアクアレーラ」をリリース。
「ヨーロピアン・ブラジリアン」をテーマにフレンチ、スパニッシュ、
日本語、ポルトガル語を取り上げたシックな世界観を表現。
秀逸なアートワークとともに評価の高い作品となる。
(竹中俊二プロデュース、竹中俊二、佐藤芳明accordion、マルコス・スザーノperc、岡部洋一perc、加藤紀子が参加。)

 12年5月「Dance Classic Bossa」第二弾ともいえるリオ録音のコンピレーションアルバム「R&B Bossa」(Grand Gallery)(produced by 井出靖)がリリースされ、前作と同じくサウンドプロデュースを手掛ける。(マルコス・スザーノ、カチア・ベー、モスカ、竹中俊二などが参加。)


 またチェリスト柏木広樹に楽曲提供、椎名林檎、hiro(speed) 、根本要(スターダストレビュー)などへのポルトガル語発音指導も手掛けるなど、ライブはもちろんのこと、幅広い活動を展開中である。

越田 太郎丸( guitar, chorus )

9歳からギターを始める。大学時代より各種イベントに出演。
ボサノバとクラブミュージックを融合させたユニット『Prismatica』のギタリストとして1997年にCDデビューしベスト盤を含む7枚のアルバムをリリース。
アントニオ・カルロス・ジョビン、トニーニョ・オルタ、ジョアン・ボスコ、など主に
ブラジルのアーティストから作曲、編曲、奏法の影響を受けブラジル音楽を軸に
演奏活動を展開。
ギター以外にカバキーニョ、チャランゴ、ウクレレなども演奏。
ブラジル音楽をこよなく愛するも、その活動はブラジル音楽の範囲にとどまらず、
これまでに中森明菜、岩崎宏美、辛島美登里、姿月あさと、遊佐未森、石丸幹二、葉加瀬太郎、Jazztronik、coba、Le Velvets、瀬木貴将、NAOTO、ウェイウェイウー、Yae、中孝介、城南海(順不同)など 様々なアーティストのライブサポートやレコーディングに参加。
最新作は"TSUBASA/越田太郎丸“
(2017年8月リリース

ライヴにてポルトガル語で歌おう講座を開催します。
今回の歌はアドリアーナ・カルカニョットの「ニセウミガメの歌」です。
また、「ニセウミガメの歌」にちなんで「アリスの国の不思議なお料理」から「擬似亀スープ」を特別メニューとして用意します。

ライブ詳細

ブラジルへの深いリスペクトから生まれるアダルト・オリエンテッドなブラジル音楽を日本から発信し続けるTOYONOさん。
ブラジルのアドリアーナ・カルカニョットというアーティストが子供に向けたプロジェクトで披露した歌「ニセウミガメの歌」を日本で初めて紹介したのもTOYONOさんです。
プロのミュージシャンのポルトガル語歌唱指導もなさるTOYONOさんが、今回のライヴに来てくださった方に「ニセウミガメの歌」を題材に「ポルトガル語で歌おう講座」を開催!
一度聴いたらあまりにもかわいくて忘れられない「ニセウミガメの歌」。
ブラジル音楽をこよなく愛する越田 太郎丸さんのギターとともに、一緒に歌いましょう♪

開場/開演

開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。

ミュージックチャージ

¥3,000+オーダー
※U_U サポーター価格 ¥2,500+オーダー

席数

15席
ご予約いただいた方より優先してテーブル席をご用意致します。
※U_U サポーターの方は座席の指定ができます。

( Brasil Music, etc. )

問い合わせ & 予約申し込み先

Galleria Caffè U_U(ガレリア カフェ ユウ)
Tel/fax 03-3944-2356
Mail info@u-u.cc

東京都文京区小日向4-7-20 1F
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
3番出口を出て左折 徒歩2分。入口は階段を降りて右手の扉

Coming up next

2018年4月24日(火曜日)

世代を超えて愛される名曲を次から次に食する、そんなライヴです

Pick&Lips(ピクリプ)
河野 文彦( ギター )
フクムラ サトシ( ソプラノサックス )

( Jazz, Pops, etc. )

2018年5月1日(火曜日)

一度はキューバに行ってみたくなる、そんなキューバルーツ音楽ライヴです

『Dos Sones de Corazones』
Makoto( vocal & percussions )
mucho( guitar & vocal )

( キューバルーツ音楽 )

2018年5月8日(火曜日)

歌に心を揺さぶられる、そんなジャズライヴです

『四十雀』
高橋 奈保子( ヴォーカル )
岸 徹至( ベース )

( Jazz )

2018年5月15日(火曜日)

手に汗握る熱戦を観る、そんなジャズライヴです

小林 創(ピアノ)
寺尾 陽介(ベース)

( Jazz )

2018年5月22日(火曜日)

うつくしい歌の曲をうつくしい演奏で、そんなインストゥルメンタルなライヴです

浅見 卓矢(ギター)
田島 岳(ピアノ)

( Jazz, Brazilian music, R&B )

2018年7月3日(火曜日)

音がこころとからだにすぅ~と染みてくる、そんなジャズライヴです

黒沢 綾(ピアノ & ヴォーカル)
北床 宗太郎(ヴァイオリン)

( Jazz )

2018年7月17日(火曜日)

聴く人のハートを筒抜けにする筒楽器だけの破天荒ユニットのライヴ

『大筒小筒』
井出 慎二 (サックス)
岡部 量平(パーカッション)
伊澤 陽一(スティールパン)

( Original )

2018年8月21日(火曜日)

ジャズってかっこいい!って分かっちゃう、そんなジャズライヴです

堀 秀彰(ピアノ)
増原 巖(ベース)

( Jazz )

Event Schedule