一度はキューバに行ってみたくなる、そんなキューバルーツ音楽ライヴです

2018年5月1日(火曜日)

出演者

『Dos Sones de Corazones』

『キューバのルーツ・ミュージック、トローバやソンを演奏する日本人デュオ。
ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブのエリアデス・オチョア氏に10年連続で招聘され、現地国際音楽祭で公演。
キューバ国民からも確かな支持を得る。
2011年3月にも11年目の招待公演実現。 連続招聘年数は、その音楽祭史上外国人で世界初。
2005年小野リサCD『Romance Latino vol.3』製作、全国ツアー参加。
2006年小野リサ ゴールド・ディスク受賞記念演奏参加(NHK)。
グループ名はスペイン語で、二つのハートから鳴る音、の意。
日本全国沖縄から北海道で‘人と人の繋がる’演奏活動を精力的に展開。』

Makoto( vocal & percussions )

ブログ
http://chekere.exblog.jp/

mucho( guitar & vocal )

ブログ
http://blog.goo.ne.jp/mucho181

ライブ詳細

ヴォーカル&パーカッション担当の Makotoさん と、ギター&ヴォーカル担当の muchoさん による日本で本場サンティアゴのソンを追求し続けるデュオバンド「Dos Sones de Corazones」。
世界的に知られるキューバ発の音楽「サルサ」はキューバのあらゆるリズムを基礎にして、現代的にアレンジされた音楽。その源はソン、トローバ、ボレロなど、キューバ第2の都市サンティアゴ・デ・クーバで生まれた数々の音楽にあります。
キューバの音楽祭委員長にその実力を認められ、2000年より毎年招聘され続け、キューバ本国でも認められている「Dos Sones de Corazones」。
キューバの心の故郷の音楽に浸るのライヴのひとときを、あなたにも体験いただけたら嬉しいです♪

開場/開演

開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。

ミュージックチャージ

¥3,000(+オーダー)
※U_U サポーター'sチケットご利用の方は¥2,500+オーダー。

席数

12席
ご予約いただいた方より優先してテーブル席をご用意致します。
※U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。

( キューバルーツ音楽 )

問い合わせ & 予約申し込み先

Galleria Caffè U_U(ガレリア カフェ ユウ)
Tel/fax 03-3944-2356
Mail info@u-u.cc

東京都文京区小日向4-7-20 1F
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
3番出口を出て左折 徒歩2分。入口は階段を降りて右手の扉

Coming up next

2018年4月24日(火曜日)

世代を超えて愛される名曲を次から次に食する、そんなライヴです

Pick&Lips(ピクリプ)
河野 文彦( ギター )
フクムラ サトシ( ソプラノサックス )

( Jazz, Pops, etc. )

2018年5月8日(火曜日)

歌に心を揺さぶられる、そんなジャズライヴです

『四十雀』
高橋 奈保子( ヴォーカル )
岸 徹至( ベース )

( Jazz )

2018年5月15日(火曜日)

手に汗握る熱戦を観る、そんなジャズライヴです

小林 創(ピアノ)
寺尾 陽介(ベース)

( Jazz )

2018年5月22日(火曜日)

うつくしい歌の曲をうつくしい演奏で、そんなインストゥルメンタルなライヴです

浅見 卓矢(ギター)
田島 岳(ピアノ)

( Jazz, Brazilian music, R&B )

2018年7月3日(火曜日)

音がこころとからだにすぅ~と染みてくる、そんなジャズライヴです

黒沢 綾(ピアノ & ヴォーカル)
北床 宗太郎(ヴァイオリン)

( Jazz )

2018年7月17日(火曜日)

聴く人のハートを筒抜けにする筒楽器だけの破天荒ユニットのライヴ

『大筒小筒』
井出 慎二 (サックス)
岡部 量平(パーカッション)
伊澤 陽一(スティールパン)

( Original )

2018年8月21日(火曜日)

ジャズってかっこいい!って分かっちゃう、そんなジャズライヴです

堀 秀彰(ピアノ)
増原 巖(ベース)

( Jazz )

Event Schedule