ピアノの伴奏とともに男女4声のハーモニーのうつくしさ、そして歌う愉しさが伝わるジャズライヴ

2018年1月23日(火曜日)

出演者

BREEZE( jazz vocal group )

Soprano 小菅けいこ
Alto 松室つかさ
Tenor 中村マナブ
Baritone 磯貝たかあき

1993年、ジャズボーカリスト後藤芳子の門下生で結成し、活動をスタートする。
同年、浅草アマチュアジャズコンテストボーカル部門で金賞を受賞。
95年、第11回ツムラジャズボーカル賞新人賞を受賞。
97年5月、ファーストアルバム【FOOT STEPS】 キングレコード。99年4月、セカンドアルバム【風吹くこ
ろ】。2002年12月サードアルバム【MY FAVORITE THINGS】スキップ・レコードよりリリース。
1998 ~ 2009年、スイングジャーナル誌読者人気投票ボーカルグループ部門ベスト5内にランクイン。
2009年 スイングジャーナル誌読者人気投票ボーカルグループ部門 第3位

混声のジャズ・ボーカル・カルテット。
レパートリーは、ジャズのスタンダードナンバーを中心にポップス、ミュージカル・ナンバーや日
本の楽曲までと幅広い。広い音域やスキャットを活かしたアレンジによるスイング感あふれるハー
モニー、そして親しみやすいステージで好評を得ている。コンサートや各地のジャズフェスティバ
ル、テレビ・ラジオ等の番組出演、ジャズ・クラブでの活動、スタジオワークなどの他、学校コンサ
ート等の活動も行っている。2007年には日本人として初めて富士通コンコード・ジャズ・フェステ
ィバルに出演する。
南雲堂から出版される2012年度版、大学用英語教科書「エコアクションと経済」に活動内容が掲
載される。

また1998年より毎年ロサンゼルスで公演を行い、サラ・ボーン、フランク・シナトラ、エラ・フィッツジェラル
ド、ナタリー・コールなどの伴奏者でもある、ジョージ・ギャフニー(Pf)、ハロルド・ジョーンズ(Dr)、ジョン・
キューディニ(G)、ジム・ヒューワット(B)、ロイ・マッカーディー(Dr)等数多くのミュージシャンと共演。ハワ
イ、サンフランシスコ、中国、韓国でも公演。2009年5月にはオランダ・ブレダ・ジャズ・フェスティバルに出
演し、オープニングアクトやスペシャルコンサートの取りを務め好評を得る。
グループ名はイラストレーターの和田誠氏によるもの。

二村 希一( pianoforte )

18才の時、アン・コンテンポラリージャズスクールに入学。20才頃から演奏の仕事を始める。鈴木明男クインテット、宮の上貴昭カルテット、リチャードパインバンド、遠山晃司トリオ、フランシス&ゾナスル、レイラコムサウダ-ジ、加藤崇之クインテット、松井洋クインテット、ジョン・ネプチューン、ミストラーダ(ブラジル音楽)竹内理美(vo)バンド、ミナスイング(ブラジル音楽)、松尾明トリオ等に参加。
現在、テイクテン、伊勢秀一郎(tp)バンド、小島のり子バンド、野間瞳(vo)バンド、Sem Voce(ブラジル音楽)などでも演奏している。
自分のクインテットでは「クインテットのCDが発売された。
2009年12月にトリオアルバムとしては初リーダー作の「My Favorite Tunes」をリリースした。
■参加CD■
 
 「Romancing」OMAGATOKI
 「Pretending」 KING
 「Bitter Tears,Sweet Tears」 KING
  以上 大橋美加 vo

 「Dance for One In Six」 佼成出版
 「The Circle」コロンビア
  以上 John Neptune  尺八

 「Always」KING (カセットテープ)マーサ三宅 vo
 「I hadn't anyone till you」安部久美子vo
 「Dance with dreams」金子恵 vo
 「Camaradas Na Bossa」NEC Avenue
 「Bossa Animada」 OMCA-2
  以上、スーパーサンバセッションの メンバーとして2曲ずつに参加。

 「Funky All」KING
 小林洋一とグッドフェローズ2曲に参加。

 「風の人」 ビクター 明田川荘之(オカリナ)
 2曲に参加。

 「AKETA/二つのオカリーナ祭りから大工哲弘と西都古墳」 
 「Tasty Fluits」 STAR RECORDS 桜井郁雄(bass)
 「春の如く」
 「NORI NOTE」 
 「LUSH LIFE」 5曲に参加。 
 以上 小島のり子(fl)

 「why to change me now」JAZZ FREAK RECORDS maya (vo)
 テイクテンのメンバーとして3曲に参加。

 「Aquarela」徳間ジャパン 
 「Vento Caloroso」   3曲に参加
 「Passaporte」2曲に参加 
 以上 小畑和彦(Gt)

 「muito BEM」CASNET
 「BATIDA NOVA」
 「brajazzil」CASNET 数曲に参加

ライブ詳細

ジャズヴォーカルグループの BREEZEさん と、ピアニスト 二村 希一さん によるジャズ・ライヴです。
世界でも珍しいパーマネントに活動されている男女4声ジャズヴォーカルグループ BREEZE。
ハーモニーの心地よさ、そして歌うことの愉しさに溢れるBREEZEのライヴ。
二村 希一さんのピアノの伴奏とともに、うつくしいハーモニーと愉しいライヴパフォーマンスで、聴く人を魅了します。
BREEZEのライヴでは珍しい完全生声&生音でのライヴのひとときを、あなたともシェアできたら悦びです。

開場/開演

開 場 18:30より
開 演 19:30
2ステージ 入替えなし

ミュージックチャージ

¥3,000 U_Uサポーター'sチケットご利用の方 ¥2,500

席数

約15席
(ご予約いただいた方より優先してテーブル席をご用意致します。)

( Jazz )

問い合わせ & 予約申し込み先

Galleria Caffè U_U(ガレリア カフェ ユー)
Tel/fax 03-3944-2356
Mail info@u-u.cc

東京都文京区小日向4-7-20 1F
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
3番出口を出て左折 徒歩2分。入口は階段を降りて右手の扉

Coming up next

2018年7月17日(火曜日)

聴く人のハートを筒抜けにする、そんな破天荒ユニットの音楽ライヴです

『大筒小筒』
井出 慎二 (サックス)
岡部 量平(パーカッション)
伊澤 陽一(スティールパン)

( Original )

2018年7月24日(火曜日)

今も息づくニューオリンズジャズに浸る、そんなジャズライヴです

山田 翔一(trombone)
古川 奈都子(pianoforte)

( New Orleans Jazz )

2018年7月31日(火曜日)

音楽エンターテインメントショーを観る、そんな音楽ライヴです

『Choro'n'POW』
和田 充弘( Trombone )
黄 啓傑( Trumpet )
松永 敦( Tuba )
見谷 聡一( Pandeiro )

( choro, etc. )

2018年8月7日(火曜日)

日本の文化を誇りに思う、そんなジャズライヴです

守屋 純子(ピアノ)
佐瀬 正(6弦ウッドベース)

( Jazz )

2018年8月21日(火曜日)

ジャズってかっこいい!って分かっちゃう、そんなジャズライヴです

堀 秀彰(ピアノ)
増原 巖(ベース)

( Jazz )

2018年9月11日(火曜日)

聴けばキューバに行きたくなる、そんなキューバルーツ音楽ライヴです

『Dos Sones de Corazones』
Makoto(ヴォーカル & パーカッション )
mucho( ギター & ヴォーカル )

( キューバルーツ音楽 )

2018年10月2日(火曜日)

社交ダンスの演舞を観る、そんな音楽ライヴです

酒井 麻生代(フルート)
大森 聖子( ピアノ )

( Jazz, etc. )

2018年10月9日(火曜日)

手に汗握る熱戦を観る、そんなジャズライヴです

小林 創(ピアノ)
寺尾 陽介(ベース)

( Jazz )

2018年10月16日(火曜日)

ジャズソング名曲選を生演奏で愉しむ、そんなジャズライヴです

BREEZE( ジャズヴォーカルグループ )
二村 希一( ピアノ )

( Jazz )

2018年10月23日(火曜日)

歌に心を揺さぶられる、そんなジャズライヴです

『四十雀』
高橋 奈保子( ヴォーカル )
岸 徹至( ベース )

( Jazz )

2018年10月30日(火曜日)

息の合った名コンビの活躍を観る、そんなインストゥルメンタルライヴです

浅見 卓矢(ギター)
田島 岳(ピアノ)

( Jazz, Brazilian music, R&B )

2018年11月20日(火曜日)

音がこころとからだにすぅ~と染みてくる、そんなジャズライヴです

黒沢 綾(ピアノ & ヴォーカル)
北床 宗太郎(ヴァイオリン)

( Jazz )

2018年12月11日(火曜日)

音が映像としても伝わる、そんなジャズライヴです

加納 奈実( サックス )
ハクエイ キム( ピアノ )

( Jazz )

Event Schedule