“江戸浮世絵版画”の中で聴くならこのジャズライヴです

2018年2月20日(火曜日)

出演者

守屋 純子(pianoforte)

早稲田大学“ハイソサエティーオーケストラ”でジャズを始め、ニューヨークのマンハッタン音楽院大学院を卒業。アメリカ・ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。1997年 “My Favorite Colors”を発表。2000年より、“守屋純子オーケストラ”の公演が芸術文化振興基金の助成対象事業となり、2001年にこのオーケストラでのリーダーCD “Shifting Images”を発表。2004年、国際交流基金の事業として自己のカルテットでインド公演。
2005年に “Points Of Departure”を発表、この作品が、第18回ミュージック・ペンクラブ賞を受賞する。同年9月、ジャズでは最も権威のあるセロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で、東洋人としてまた女性として初優勝の栄誉に輝き、ワシントンのケネディーセンターでの授賞式に招聘されて受賞曲を演奏し、日米で話題を呼ぶ。
2006年12月にNYの第一線ミュージシャンと共演した、モンク賞受賞記念盤“Playground”を発表。2008年 9月、米“モンタレージャズフェスティバル”に自己のカルテットで出演、その後、サンフランシスコ・ロサンゼルスでも公演を行う。11月にはフランス・ツアーを行う。2009年 “Grooving Forward"を発表。2月にかもがわ出版よりジャズに関するエッセイ集“なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?”を発売。7月に再び、フランス・ツアーを行う。2010年、初のピアノトリオ作品“Three And Four"を発売。2012年1月オーケストラによる最新作“Into The Bright Decade”を発表。
 教育活動にも熱心で、昭和音楽大学・尚美学園大学で後輩の指導にあたる他、"山野ビッグバンドコンテスト"“浅草ジャズコンテスト”等の審査員や、全国の小中高生のためのビッグバンドの指導、講演なども行なっている。

佐瀬 正(6-strings wood bass)

12歳の頃よりElectric Bassを弾きはじめる。高校在校時には、その当時高校では珍しいビッグバンドのクラブに入ったことによりInstrumental Musicに傾倒していく。その後、東洋大学在学中はジャズ研に所属。大学卒業後に渡米。 1992年度よりNew York CityにあるNew School For Social Research(現New School University) のジャズ科に入学。この頃より本格的にDouble Bassに傾倒していく。在学中にはアメリカ国内やヨーロッパでも演奏活動を始める。1996年に卒業。1997年1月のドイツ演奏旅行を機に帰国。 帰国後、数多くの日本のミュージシャンとセッションを重ねる。またピアニストDuke JordanやCedarWalton、歌手のSalena Jonesやトランペット奏者のRandy Brecker等との共演や, 1999年にアンドレ・プレ ヴィン指揮とピアノでのNHK交響楽団の定期公演にて大坂昌彦(Drms) と共に共演。そして2001年5月、マカオ・インターナショナル・ ジャズフェス ティバルのオープニングをつとめる等、国内のみならず海外からのミュージシャンと も共演する機会が多い。 また中島啓江、小室等、島田歌穂、秋川雅史、宇崎竜童、ジョン・ヌッツオなど、ジャンルを超えた音楽活動も精力的に行っている。 2008年には原信夫とシャープス&フラッツ最後の新入団員として解散コンサートツアー参加している。

ライブ詳細

2月のガレリア カフェ ユウは、同じく文京区にある150年の歴史を持つ江戸木版画の摺り工房「高橋工房」さんの協力による浮世絵版画展を開催しています。
15日から後半は歌川広重の“江戸百景”。
それを考えたとき、「守屋 純子さんに出演いただきたい!」と思いました。
それは江戸幕府を興した家康公のジャズ組曲を手掛けられたり、浅草ジャズコンテストのテーマソング「ウォーキング ダウン ザ 仲見世ストリート」を作曲されたりと、「和の情緒」にあふれたオリジナルジャズを演奏されるからです。
問題は、2月は守屋さんの名義であるビッグバンド公演の開演月であることでした。
ところが、今年は公演は月の前半で行われ、2月の後半はライヴ出演が可能であると回答をいただきました。
それで、実現したのが、今回の“江戸百景の中で聴く<日本>をテーマにしたジャズライヴ”です。
江戸の風景と守屋さんの描く<日本の風情>のコラボレーション!
きっとステキなコラボレーションになると思います。

開場/開演

開場 18:30より
開演 19:30
2ステージ 入替えなし

ミュージックチャージ

¥3,000(+オーダー)
※U_U サポーター価格¥2,500+オーダー

席数

約15席
(ご予約いただいた方より優先してテーブル席をご用意致します。)

( Jazz )

問い合わせ & 予約申し込み先

Galleria Caffè U_U(ガレリア カフェ ユー)
Tel/fax 03-3944-2356
Mail info@u-u.cc

東京都文京区小日向4-7-20 1F
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
3番出口を出て左折 徒歩2分。入口は階段を降りて右手の扉

Coming up next

2018年8月21日(火曜日)

ジャズってかっこいい!って分かっちゃう、そんなジャズライヴです

堀 秀彰(ピアノ)
増原 巖(ベース)

( Jazz )

2018年8月28日(火曜日)

自然界にある心地よい音色と揺らぎが音楽になる、そんな音楽ライヴです

ヤマカミヒトミ( アルトサックスほか )
佐藤 直子( パーカッション )

( Brasil Music, etc. )

2018年9月4日(火曜日)

壮大なファンタジー世界に迷い込む、そんなジャズライヴです

『すみれいこ』
栗林 すみれ( ピアノ )
山本 玲子( ヴィブラフォン )

( Jazz )

2018年9月11日(火曜日)

聴けばキューバに行きたくなる、そんなキューバルーツ音楽ライヴです

『Dos Sones de Corazones』
Makoto(ヴォーカル & パーカッション )
mucho( ギター & ヴォーカル )

( キューバルーツ音楽 )

2018年9月18日(火曜日)

日本発信型の“アダルト・オリエンテッド・ブラジルミュージック”、そんなブラジル音楽ライヴです

TOYONO( ブラジル系ヴォーカル )
越田 太郎丸( ギター )

( Brasil Music, etc. )

2018年9月25日(火曜日)

世代を超えて愛される名曲を次から次に食する、そんなライヴです

Pick&Lips(ピクリプ)
河野 文彦( guitar )
フクムラ サトシ( soprano sax )

( Jazz, Pops, etc. )

2018年10月2日(火曜日)

社交ダンスの演舞を観る、そんな音楽ライヴです

酒井 麻生代(フルート)
大森 聖子( ピアノ )

( Jazz, etc. )

2018年10月9日(火曜日)

手に汗握る熱戦を観る、そんなジャズライヴです

小林 創(ピアノ)
寺尾 陽介(ベース)

( Jazz )

2018年10月16日(火曜日)

ジャズソング名曲選を生演奏で愉しむ、そんなジャズライヴです

BREEZE( ジャズヴォーカルグループ )
二村 希一( ピアノ )

( Jazz )

2018年10月23日(火曜日)

歌に心を揺さぶられる、そんなジャズライヴです

『四十雀』
高橋 奈保子( ヴォーカル )
岸 徹至( ベース )

( Jazz )

2018年10月30日(火曜日)

息の合った名コンビの活躍を観る、そんなインストゥルメンタルライヴです

浅見 卓矢(ギター)
田島 岳(ピアノ)

( Jazz, Brazilian music, R&B )

2018年11月6日(火曜日)

卓越した音楽エンターテインメントショーを観る、そんな音楽ライヴです

『Choro'n'POW』
和田 充弘( トロンボーン )
黄 啓傑( トランペット )
松永 敦( チューバ )
見谷 聡一( パンデイロ )

( choro, etc. )

2018年11月13日(火曜日)

ブラジルの“フッチボウ・アルチ”を観る、そんなアコースティックライヴです

『もにじん』
マツモニカ(クロマチックハーモニカ)
長澤 紀仁(ギター)
五十嵐 歩美(ヴァイオリン)

( Brasil music, etc. )

2018年11月20日(火曜日)

音がこころとからだにすぅ~と染みてくる、そんなジャズライヴです

黒沢 綾(ピアノ & ヴォーカル)
北床 宗太郎(ヴァイオリン)

( Jazz )

2018年12月11日(火曜日)

音が映像としても伝わる、そんなジャズライヴです

加納 奈実( サックス )
ハクエイ キム( ピアノ )

( Jazz )

2018年12月18日(火曜日)

蝶のように軽やかに中南米を旅する、そんなラテン音楽ライヴです

『カプマリ』
すずきあゆみ( パーカッション )
藤枝 貴子( アルパ )
池山 由香(アルパ & ヴォーカル )

( Latin music )

Event Schedule