ジャズってかっこいい!って分かっちゃう、そんなジャズライヴです

2018年3月20日(火曜日)

出演者

堀 秀彰( pianoforte )

幼少より楽器に親しみ、高校時代でジャズに感動して本格的にピアノを始める。
早稲田大学モダンジャズ研究会で腕を磨き、その頃からプロとして.活動を開始。
センスあふれるコードワーク、繊細でありながらも情熱的なプレイで、ベテランから若手にいたるまで大きな信頼を得ている。
Eddie Henderson、Gene Jackson、大坂昌彦、原朋直、向井滋春、村田陽一、土岐英史、各氏をはじめ、国内外の著名アーティストとの共演歴も多く、ポップスフィールドでは、Dreams Come True・ParisMatch・SILVA・DA PUMP・青山テルマ・M-SWIFTのアルバムなど、多くのアーティストのレコーディングセッションやコンサートツアーに参加。
浜崎航との双頭カルテット『Encounter』の他にも、堀秀彰トリオ、市原ひかりグループ、安カ川大樹『D-musica ラージアンサンブル』、山口真文グループ、横田寛之『ゴウダヴ』、河原秀夫 『4 Mo Groove』、山下弘治『NEW 5』などを中心に日本全国のジャズクラブ、コンサート、フェスティバル等で活躍。
近年は韓国のアーティストとのコラボレーションも行っている。

増原 巖( bass )

関西(かんせい)学院大学入学と同時に同校軽音楽部にてベースを弾き始め、在学中からプロ活動を始める。3回生の時には全国学生ビッグ・バンド・コンテストにて2位 、優秀賞を獲得。 卒業後は自己のグループを率いて関西一円のライブ・ハウスで活動する傍ら、関西の著名なジャズ・ミュージシャンのサイド・メンとしても活躍。

1992年渡米し、NYのマネス・カレッジ・オブ・ミュージックにて奨学金を受け3年間ジャズとクラシックを学ぶ。同校では、元NYフィル主席コントラバス奏者ホーマー・メンチ氏に師事し、同校のシンフォニー・オーケストラにも参加する。 在学中から現地のミュージシャンと共演を重ね、1995年にはエリオット・ジグムンド(ds)ディック・オーツ(as)らのツアーに参加し、来日を果 たしている。

1996年再び関西に拠点を移して、1997年に結成した自己のグループWHAT'S UP?を率いて自作曲を中心にライブ活動を開始。 またNY在住の日本人ギタリスト井上 智の日本ツアーに'97~'02年まで参加。  また、'00年5月には自己のグループWHAT'S UP?≪田中洋一(tp)河村英樹(ts)中島 徹(p)竹田達彦(ds)≫の1st CD“DEBUT"をリリース。  しかしながら、同年11月には惜しまれつつWHAT'S UP?を解散。

'01年より東京に移住して新たに活動をはじめる。 '02年にはサリナ・ジョーンズ(vo)、03年にはフィル・ウッズ(as)の全国ツアーに参加。 その後もツアー、海外公演などで共演を重ねている。 サリナ・ジョーンズのツアーではその後、現在に至るまでバンドマスター的ポジションで参加し続けている。 '03年には、大坂昌彦(ds)トリオの北海道ツアーに、川嶋哲郎(ts)とともに参加。 '04年の矢野沙織blue noteツアーではジミー・コブ(ds)と共演している。 過去に在籍したグループを含めこれまでに参加したグループとしては、辛島文雄(p)5、3、大山日出男(as)4、大田寛二(p)3、池田篤(as)4、井上祐一(p)3、4、6セクステット、岸ミツアキ(p)3、矢野沙織(as)4noon(vo)などがある。 また、バンドリーダーとしても'03年に自己のグループWhat's up?≪田中洋一(tp)河村英樹(ts)堀 秀彰(p)安藤正則(ds)≫再結成し、’07年1月にアルバム“music is real”をリリース。 同年3月には全国10ヶ所のツアーを行った。 ’08年5月には同クループでのニュー・アルバム「Lost And Found」をリリース。 タワーレコードのウィークリーチャートで、マイナー・レーベルの作品としては異例の2位(1位、上原ひろみ)にランクイン。 What's up?は、都内ライブ、全国ツアーと積極的にライブ活動を続けたが、2010年10月をもって活動休止中。 また、2010年度から尚美学園大学ジャズ・ポップス科の非常勤講師として学生の指導にも当たっている。

ライブ詳細

何度聴いても飽きない。そういうのを名曲と呼ぶのでしょうか?
増原さん、堀さんが創るオリジナルジャズはまさに「いつ聴いても、何回聴いてもかっこいい!」。
ポップスのようにメロディーラインが活き活きしているジャズを生み出す堀さん。
モダンでクールなジャズサウンドを生み出す増原さん。
スタンダードナンバーにそれぞれのオリジナル曲、そして増原さんがリーダーを務めていたバンド「What's Up?」の曲のデュオ演奏など、堀さんと増原さんのデュオならではの演奏が愉しめるジャズライヴ。
堀さんの丁寧な曲解説によるジャズ・ナンバーへのエスコートとともに、ジャズのクールな世界にご案内します♪

開場/開演

開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。

ミュージックチャージ

¥3,000+オーダー
※U_U サポーター価格 ¥2,500+オーダー

席数

15席
ご予約いただいた方より優先してテーブル席をご用意致します。
※U_U サポーターの方は座席の指定ができます。

( Jazz )

問い合わせ & 予約申し込み先

Galleria Caffè U_U(ガレリア カフェ ユー)
Tel/fax 03-3944-2356
Mail info@u-u.cc

東京都文京区小日向4-7-20 1F
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
3番出口を出て左折 徒歩2分。入口は階段を降りて右手の扉

Coming up next

2018年7月24日(火曜日)

今も息づくニューオリンズジャズに浸る、そんなジャズライヴです

山田 翔一(trombone)
古川 奈都子(pianoforte)

( New Orleans Jazz )

2018年7月31日(火曜日)

音楽エンターテインメントショーを観る、そんな音楽ライヴです

『Choro'n'POW』
和田 充弘( Trombone )
黄 啓傑( Trumpet )
松永 敦( Tuba )
見谷 聡一( Pandeiro )

( choro, etc. )

2018年8月7日(火曜日)

日本の文化を誇りに思う、そんなジャズライヴです

守屋 純子(ピアノ)
佐瀬 正(6弦ウッドベース)

( Jazz )

2018年8月21日(火曜日)

ジャズってかっこいい!って分かっちゃう、そんなジャズライヴです

堀 秀彰(ピアノ)
増原 巖(ベース)

( Jazz )

2018年9月11日(火曜日)

聴けばキューバに行きたくなる、そんなキューバルーツ音楽ライヴです

『Dos Sones de Corazones』
Makoto(ヴォーカル & パーカッション )
mucho( ギター & ヴォーカル )

( キューバルーツ音楽 )

2018年10月2日(火曜日)

社交ダンスの演舞を観る、そんな音楽ライヴです

酒井 麻生代(フルート)
大森 聖子( ピアノ )

( Jazz, etc. )

2018年10月9日(火曜日)

手に汗握る熱戦を観る、そんなジャズライヴです

小林 創(ピアノ)
寺尾 陽介(ベース)

( Jazz )

2018年10月16日(火曜日)

ジャズソング名曲選を生演奏で愉しむ、そんなジャズライヴです

BREEZE( ジャズヴォーカルグループ )
二村 希一( ピアノ )

( Jazz )

2018年10月23日(火曜日)

歌に心を揺さぶられる、そんなジャズライヴです

『四十雀』
高橋 奈保子( ヴォーカル )
岸 徹至( ベース )

( Jazz )

2018年10月30日(火曜日)

息の合った名コンビの活躍を観る、そんなインストゥルメンタルライヴです

浅見 卓矢(ギター)
田島 岳(ピアノ)

( Jazz, Brazilian music, R&B )

2018年11月20日(火曜日)

音がこころとからだにすぅ~と染みてくる、そんなジャズライヴです

黒沢 綾(ピアノ & ヴォーカル)
北床 宗太郎(ヴァイオリン)

( Jazz )

2018年12月11日(火曜日)

音が映像としても伝わる、そんなジャズライヴです

加納 奈実( サックス )
ハクエイ キム( ピアノ )

( Jazz )

Event Schedule