ニューオリンズのカラフルな音楽シーンを肌で感じる、そんなニューオリンズジャズライヴです

2018年12月4日(火曜日)

出演者

30years in New Orleans

30年にわたり、ジャズの故郷ニューオリンズに毎年通いながらライブ活動を続けるDUO。

古川 奈都子( pianoforte、vocal )

5歳よりピアノを始める。早稲田大学ニューオリンズジャズクラブに入部以来、30年に亘り日本とニューオリンズを往復しながらライブ活動を展開するニューオリンズジャズの伝道師。ニューオリンズ最大のジャズフェスティバル、ジャズアンドヘリテージフェスティバルなどに出演。4枚のリーダーアルバムをリリースし、ニューオリンズの音楽の魅力を伝え続けている。

海付 豊( tenor sax、clarinet )

16歳でサックスを始め、チャーリーパーカーやキャノンボールアダレイに触発され、大友義雄氏に師事。
軽やかなアルトサックス、ブルージーでスインギーなテナーサックス、ニューオリンズ色豊かなクラリネットを操る。
Hi-Fi Saxを経てライブ活動を開始。谷川賢作、野口久和オーケストラ、宮間敏之とニューハード、矢沢永吉ツアーなどに参加。
2000年 Kansas City Blues And Jazz Festivalに招かれて、カンサスシティ名誉市民の称号を授与される。
1990年より毎年ニューオリンズに滞在し、Bob French(Ds) Topsy Chapman(vo) LeroyJones(Tp)などと共演を重ね、ニューオリンズスタイルのジャズユニット「Soul Food Cafe」、「古川奈都子トリオ」などでニューオリンズの空気感を伝えるライブを続けている。

ライブ詳細

ニューオリンズで産声を上げた“ジャズ”。
その後、ジャズはシカゴ、そしてニューヨークと伝わりながらスタイルも増えましたが、ジャズ発祥の地ニューオリンズでは、そのまま変わることなく発祥時代のスタイルのジャズが今でも溢れています。
そのトラッドジャズ(ニューオリンズジャズやデキシーランド・ジャズのこと)に出会って以来、30年にわたり、ジャズの故郷ニューオリンズに毎年通いながらライブ活動を続ける古川 奈都子さんと海付 豊さんのデュオユニット「30years in New Orleans」によります、ニューオリンズのカラフルな音楽シーンを肌で感じていただける、音楽とトークで綴るライブです。
12月なので、ニューオリンズの教会で歌われるゴスペルソングも織り交ぜてお届けします。
トラッドジャズに魅せられた二人のジャズプレイヤーによる、トラッドジャズライヴ。
今も息づく古き良きニューオリンズジャズをお愉しみください♪

開場/開演

開演は19:30より2ステージ(入れ替えなし)
開場は18:30からご入場頂けます。

ミュージックチャージ

¥3,000(+オーダー)
※U_U サポーター価格¥2,500+オーダー。

席数

12席
ご予約いただいた方より優先してテーブル席をご用意致します。
※U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。

( New Orleans Jazz )

問い合わせ & 予約申し込み先

Galleria Caffè U_U(ガレリア カフェ ユー)
Tel/fax 03-3944-2356
Mail info@u-u.cc

地図

112-0012 東京都文京区大塚3-5-4 茗荷谷ハイツB1F
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
2番出口を出て左折 徒歩2分

Event Schedule