バラードからファンクまで、歌に心酔いしれる音楽ライヴです

2019年12月3日(火曜日)

出演者

THINGS

Vo. 藤正裕太, Gt. 浅見卓矢, Key. 田島岳のミュージシャンからなるトリオユニット。
“THINGS” VISION =『全く新しく、親しみある音楽を』
“THINGS” MIND
僕たちには音楽しかない。
3人だから創造される音楽が、世の中にとって大切なものになりますように。

POPS, R&B, JAZZ, Sambaなどメンバーそれぞれが培ってきた音楽をベースに,ジャンルに捉われない創作活動を展開する。
2019年より本格的にユニット活動をスタート。

2015年2月、藤正のソロ活動 サポートメンバーとして、浅見と田島がバンドに参加。演奏のみならず藤正への楽曲プロデュースを手がける。
2018年、所属バンドやサポートミュージシャンで演奏活動を続けていた浅見と米バークリー音楽大学への音楽留学から帰国した田島のユニットライブに藤正が飛び込み参加したことがキッカケとなり、THINGS結成。
2019年1月、楽曲制作活動を本格的に開始。
2019年7月、新人アーティストとしては異例。制作した楽曲「光」がテレビ埼玉「Ole!アルディージャ」のエンディングテーマ、及び株式会社恒電社のCMソングとして採用されることとなる。各方面から問い合わせが殺到。
2019年10月16日、1st Single『光』がリリースされる。

浅見 卓矢(guitar)

幼少期よりピアノを習いはじめ、中学の時初めてギターに触れる。
Carnavacation(旧カンタス村田とサンバマシーンズ)のメンバーとして活動し、FUJI ROCK FESTIVALへの出演やブラジルの国民的シンガーソングライターGabriel Mouraとのレコーディング等を行う一方、ワタナベシュウヘイ(goosehouse)/Micina/藤正裕太/AQUAPIT…etc等、J-pop・Jazz・Rock・R&B・Funk等々インスト歌もの問わず様々なジャンルでサポートギタリストとしても活躍中。
また、ダンス×ミュージックを掲げるイベント「WEFUNK」でレギュラーギタリストとして参加、楽曲提供なども行っている他、映画音楽・CM音楽へのセッションギタリストとしての参加や、トロンボーン山田翔一とのデュオユニットでの活動などジャンルレスに活動している。古川昌義氏に師事。

田島 岳(pianoforte)

3歳でバイオリン、6歳でピアノをはじめる。
早稲田大学在学中の2010年3月に「カンタス村田とサンバマシーンズ(現・Carnavacation)」に加入し、約4年間活動を共にする。FUJI ROCKFESTIVAL ’10に出演したほか、2枚のオリジナルアルバムに参加。
2016年公開の宮藤官九郎監督の映画「TOO YOUNG TOO DIE! 若くして死ぬ」では、俳優の古舘寛治へのピアノ指導、および映画への楽曲提供を行った。
2016年1月より、アメリカ・ボストンにあるバークリー音楽大学に奨学金を得て留学し、コンテンポラリーミュージックを中心とした作編曲・ミキシング・プロデュースを学ぶ。
2017年、キーボード・ハモンドオルガンの演奏が評価され、バークリーより”Berklee Multi-Keyboard Award”を受賞し、奨学金を得る。
2018年5月に帰国し、東京を拠点にした演奏・作編曲活動を再開。

オフィシャルサイト:http://www.gakutajima88.com/
Gaku Tajima Official Website
ピアニスト/キーボーディスト 田島 岳のオフィシャルサイトです。
gakutajima88.com

藤正 裕太(vocal)

音楽ユニット「THINGS」のボーカル。
巧みなステージパフォーマンスと伸びやかな歌声を武器に数々のシーンで活躍。
2014年8月にアーティスト「藤正裕太」として1st Single "Makin' your groove"、2nd Single"Never Stoppin Stoppin"を全国同時リリース。 数々のパワープレイを獲得するなど、各メディアで話題を呼ぶ。
同年からダンサーとミュージシャンが生演奏でコラボレーションする、新感覚ライブエンタテイ ンメント「WEFUNK」にレギュラーシンガーとして参加。
Zepp Tokyo、Zepp Namba、Zepp Nagoya、新木場スタジオコースト、など現在に至るまで数々のビックステージを経験。
2016年11月にはWEFUNKのバンド「BACKSIDE SMITH」のボーカルとしてVictor Entertainment SPEEDSTAR RECORDS より「STEP FORWARD」を配信メジャ―リリース。作詞、メインボーカルを担当。
2018年12月には「WEFUNK」のボーカルとしてVictor ntertainment SPEEDSTAR RECORDSより「JUNCTION vol.1」を配信メジャーリリース。全ての楽曲の作詞、メインボーカル、コーラス、他シンガーへのボーカルディレクションを担当。アルバム企画のディレクションを担当。
またコーラスとして水樹奈々、さかいゆうなどをサポート。
フロントマンとしての豊富な経験を生かし、ボイストレーナーとして新人アーティスト、タレントの育成にも力を注いでいる。

ライブ詳細

ギタリストの浅見 卓矢さん、ピアニストの田島 岳さん、ヴォーカリストの藤正 裕太さんで編成されたトリオ・ユニット「THINGS」は、POPS, R&B, JAZZ, Sambaなどメンバーそれぞれが培ってきた音楽をベースに,ジャンルに捉われない創作活動を展開。
邦楽・洋楽問わず名曲と呼ばれる歌物の曲、3人のオリジナル曲も含めて、曲に対するリスペクトに溢れた演奏を、互いにリスペクトし合う氣持ちが創りだす和やかな雰囲気の中で奏でます。
誰でもウェルカムな、アットホームなホスピタリティとともに、3人だから創造される音楽に心酔いしれるライヴをどうぞお愉しみください♪

開場/開演

開 場 18:30より
開 演 19:30
2ステージ 入替えなし

ミュージックチャージ

¥3,000+オーダー
※U_Uサポーター価格 ¥2,500+オーダー

席数

20席
(ご予約いただいた方より優先してテーブル席をご用意致します。)

( Jazz, R&B, original, etc. )

問い合わせ & 予約申し込み先

Galleria Caffè U_U(ガレリア カフェ ユー)
Tel/fax 03-3944-2356
Mail info@u-u.cc

地図

112-0012 東京都文京区大塚3-5-4 茗荷谷ハイツB1F
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
2番出口を出て左折 徒歩2分

Coming up next

2019年10月15日(火曜日)

世代を超えて愛されるうつくしい曲を“よりうつくしく”お届けするライヴです

Pick&Lips(ピクリプ)
河野 文彦( guitar )
フクムラ サトシ( soprano sax )

( Jazz, Pops, etc. )

2019年10月22日(火曜日)

大人も子供の心を取り戻す、ほんわかぽよよ~んライヴです

「ぽよDUO」
坂上 領( flute, recorder, pianoforte )
帆足 彩( violin, recorder, vocal )

( Pops, ect. )

2019年10月29日(火曜日)

アコースティック弦の爪弾きで奏でる心地よいジャズライヴです

山口 友生( guitar, ukulele )
山本 裕之(bass)

( Jazz )

2019年11月5日(火曜日)

モダンジャズを聴いてみたいという方にもおすすめのジャズライヴです

堀 秀彰(pianoforte)
増原 巖(bass)

( Jazz )

2019年11月12日(火曜日)

ツイン弾き語りでゆったりまったりに誘うジャズライヴです

黒沢 綾(pianoforte&vocal)
小林 宏衣(vocal, pianoforte)

( Jazz )

2019年11月19日(火曜日)

木質空間ならではの男女4声の生声でのハーモニーによるジャズコーラスライヴです

BREEZE( jazz vocal group )
二村 希一( pianoforte )

( Jazz )

2019年11月26日(火曜日)

スウィングビートの効いた強靭な弦楽器2トップによるジャズライヴです

北床 宗太郎( violin )
楠井 五月( bass )

( Jazz )

2019年12月10日(火曜日)

芸術的なブラジルサッカーを観るようなアコースティックライヴです

『もにじん』
マツモニカ( chromatic harmonica )
長澤 紀仁( guitar )
五十嵐 歩美( violin )

( Brasil music, etc. )

2020年1月21日(火曜日)

イメージが目にも浮かぶ、ロマンティック溢れるジャズライヴです

加納 奈実( soprano sax, alto sax )
ハクエイ キム( pianoforte )

( Jazz )

2020年2月18日(火曜日)

雫の放つ音のように、余韻までもが響くジャズライヴです

酒井 麻生代( flute )
大森 聖子( pianoforte )

( Jazz, etc. )

Event Schedule