フレーズがここちよいサックスをフューチャーした生演奏ジャズです

2021年9月21日(火曜日)

出演者

加納 奈実( alto sax )

4歳よりクラシックピアノを始め、その後9歳よりジャズアルトサックスを学ぶ。
名古屋音楽大学ジャズ・ポピュラーコースに特待生入学、
同時にライヴハウスでの演奏もスタートさせる。首席で卒業する。
2008年と2010年にはJay Thomas(tp)氏の薦めにより渡米。
Paquito D'rivera(as・cla)、Gary Smulyan(bs)、Buch Miles(ds)、Benny Green(pf)等と共演、好評を博す。
2014年8月ブルーノート東京で開催された"Blue Note Record's 75th Anniversary year"のライヴに出演。
2016年春、New Orleans Jazz&Heritage Festivalに高澤綾(tp)バンドのメンバーとして出演。
レコーディングにも参加する。
現在は一線で活躍するメンバーを集めた自身のリーダーバンド"mawsim"の他、ジャズピアニスト永武幹子との壮大な世界観を味わえるDUO"Jabuticaba" ポップに弾ける"VUCA"など様々な活動を開始。
全国的に活動を展開。
2021年2月 Jabuticaba 1st album “Jabuticaba”をリリース。
素直な音色・柔軟なplay・フレーズが心地よい逸材であり、今後最も注目されるであろうサックスプレイヤーの一人。

渡辺 翔太( pianoforte )

4歳からピアノを始める。父、渡辺のりおの影響で音楽に慣れ親しむ。
15歳の頃にJAZZに興味を示し、2003年Donny Schwekendiek氏に師事。
2004年から演奏活動を始める。2005年Jazz Funkバンド『赤門』に加入。
2009年からjazzに傾倒。2010年、noonの「Once upon the summer time」のRecordingに参加。2016年から井上銘Stereo Champに在籍し、二枚のアルバムをリリースまた同バンドにて東京ブルーノート、丸の内コットンクラブに出演を果たす。ものんくる「世界はここにしかないって上手に言って」に参加。
2018年、自身初のリーダーアルバム「Awareness」を発表。続いて2019年2nd Album「Folky Talkie」をリリースし、柳楽光隆氏のJapanese Jazz in 2010sに選ばれる。
現在、自身のtrioや多方面からのアーティストのサポートで東京、名古屋を中心に全国で活動中。

Marty Holoubek(bass)

東京で大活躍中、オーストラリアのミュージシャンMarty Holoubek(マーティ・ホロベック)。 オーストラリアでの音楽活動が多くの注目を集める中、彼は東京の賑やかな音楽界に携わるため、また現地の人気ミュージシャンとコラボするために拠点を日本に移した。
アデレイド大学音楽科を卒業し、メルボルンのモナシュ大学大学院音楽研究科を卒業後、James Morrison Jazz ScholarshipやFreedman Fellowship Awardなど、数多くの賞にノミネートされた。
ジム・オルーク、ルロ・ラインハート、リーロイ・ジョーンズなどの海外アーティストの他、デービッド・キャンベル、ジェームズ・モリソン、ケート・セブラーノ、ポール・グラボウスキー、アーロン・チューライなどのオーストラリア音楽家との共演経験が豊富。
2015年の初来日の後、東京の音楽界により本格的に参加するために、また現地のミュージシャンとの関係を深めるために翌年2016年、2017年と再度日本に訪ねてきた。 そんな中、TOKU、サクソフォン奏者の吉本章紘と西口明宏、ピアノ奏者の栗林すみれと高橋佑成、また人気ドラマーの石若駿など、たくさんの日本人アーティストとコラボしてきた。
オーストラリアのジャズバンドThe Lagerphones、Sex On Toastと石若駿のSongbook Bandの現役メンバーとして活動しつつ、日本とオーストラリアの音楽界の関係性がさらに発展するように努めている。

ライブ詳細

19世紀に生まれた新しいアコースティック楽器“サックス”
新しい楽器は1920年代に生まれた“ジャズ”に用いられ、花形楽器としてその地位を確立しました
吹き手によって、激しくも、また甘いサウンドにもなるサックス
素直な音色、柔軟なplay、心地よいフレーズ
そんなサックスを奏でる加納 奈実さん
渡辺 翔太さんのピアノとMarty Holoubekさんのベースでのトリオにて、そのサウンドを堪能いただきます
あなたの火曜日の夜のひとときに、どうぞご検討ください

開場/開演

開演は19:30より2ステージ 入れ替えなし
開場は18:30からご入場頂けます

ミュージックチャージ

¥3,000(+オーダー)
※U_U サポーター価格¥2,500+オーダー。

席数

15席
ご予約いただいた方より優先してテーブル席をご用意致します。
※U_U サポーター'sチケットご利用の方は座席の指定ができます。
※10名を超える場合は、換気優先のため、演奏中も入口扉を開放致します

( Jazz )

問い合わせ & 予約申し込み先

Galleria Caffè U_U(ガレリア カフェ ユー)
Tel/fax 03-3944-2356
Mail info@u-u.cc

地図

112-0012 東京都文京区大塚3-5-4 茗荷谷ハイツB1F
東京メトロ丸ノ内線 茗荷谷駅下車
2番出口を出て左折 徒歩4分

Coming up next

2021年7月27日(火曜日)

※緊急事態宣言措置に伴い時間変更※ 南米の“喜怒哀楽のリズム”が交錯する生演奏です

Ritmo de Sentiments
見谷 聡一(pandeiro)
土屋 恵(accordion)

( Samba, Tango )

2021年8月3日(火曜日)

※緊急事態宣言措置に伴い時間変更※ 歌でみんなを愉しませ、力を与える生演奏です

飯嶋 ももこ(vocal)
鈴木 直人(guitar)

( Jazz )

2021年8月17日(火曜日)

※緊急事態宣言措置に伴い時間変更※ 音楽の色合いを鮮やかにするプレイヤーが自らのために彩る生演奏です

鈴木 圭( saxophone, flute, clarinet )
宇関 陽一( pianoforte )

( Jazz )

2021年8月24日(火曜日)

音色と音、ギターが放つたくさんの要素が融合したギターソロの生演奏です

助川 太郎( guitar )

( Brasil music, original, etc. )

2021年8月31日(火曜日)

ここちよい雰囲気の中繰り広げられる、ゆったりまったりな生演奏です

黒沢 綾(pianoforte&vocal)
小林 宏衣(vocal, pianoforte)

( Jazz )

2021年9月14日(火曜日)

ヴァイオリンとベースの“カッコイイハーモニー”の生演奏です

北床 宗太郎( violin )
楠井 五月( bass )

( Jazz )

2021年9月28日(火曜日)

愉しさで虜にしちゃうトリオユニットの生演奏です

アリ地獄
沖野 ゆみ(vocal)
宇山 満隆(drums)
尾崎 琢也(pianoforte)

( Modern Jazz )

2021年10月5日(火曜日)

タップダンスとモダンジャズピアノによる歌心溢れる“ジャズ”の生演奏です

TANSEI(Tap Dance)
堀 秀彰(pianoforte)

( Modern Jazz )

2021年10月12日(火曜日)

ブラジルサッカーのような芸術的音回しのアコースティックアンサンブルの生演奏です

『もにじん』
マツモニカ( chromatic harmonica )
長澤 紀仁( guitar )
五十嵐 歩美( violin )

( Brasil music, etc. )

2021年10月19日(火曜日)

華麗なる音色とあふれる“おもてなし”で彩るショータイムさながらの生演奏です

井出 慎二( alto sax )
Fuming( pianoforte, vocal )

( Jazz )

2021年10月26日(火曜日)

カフェテーブルで大人の会話を愉しむような、歌とピアノの生演奏です

萱原 恵衣(vocal)
上長根 明子(pianoforte)

( Jazz )

2021年11月9日(火曜日)

世界の多様なギターサウンド融合し、繊細なまでにギターで表現するソロギター演奏です

山口 廣和(guitar)

( Jazz, etc. )

2021年11月16日(火曜日)

摩天楼のヒーリング音楽“モダンジャズ”の生演奏です

堀 秀彰(pianoforte)
増原 巖(bass)

( Modern Jazz )

2021年12月7日(火曜日)

男女4声のハーモニーを生声で味わう贅沢な生演奏ジャズです

BREEZE( jazz vocal group )
二村 希一( pianoforte )

( Jazz )

2022年1月18日(火曜日)

“爪弾き”で奏でる2弦楽器による心地よい生演奏ジャズです

山口 友生( guitar, ukulele )
山本 裕之(bass)

( Jazz )

Event Schedule